自閉&てんかん えいちゃんの日記☆

我が家のアイドルえいちゃん☆の成長記録♪

4才のえいちゃんの日記🎵
大好きなだいにぃに(小2)と、パパとママの日々の奮闘気🍀

幼稚園訪問の結果☆

我が家のアイドルえいちゃん☆


先日、いつも通う療育センターの先生が幼稚園訪問に行ってきてくれました♪


今は運動会の練習メインなので、練習の様子を見てきてくれました(^^)


開会式の練習の時には加配の先生と一緒に並んで参加♪


たまに逃走もしていたけど、良い感じで気分転換をしては列に戻ってきていた様子でした😆


リレーと、かけっこはルールも理解して、先生が付かなくても大丈夫そう(*^^*)


パラバルーンは、えいちゃんが幼稚園登園日以外の横割クラスの時に練習をしているので、入退場のみ参加♪


お友達には、大好きなお友達だから遊んで欲しいからか?足でちょいと蹴って、チョッカイ出してた場面が(。>д<)‼


加配の先生も注意してなかったみたいで、療育センターの先生がアドバイス。

「蹴るのは痛いから、蹴るのじゃなくて肩トントンして声かけるんだよ~」


そのあとにチョッカイ出されていたお友達が、療育センターの先生に「えいちゃんがトントンしてくれたよー」って教えてくれたそう(*^^*)


えいちゃん、優しいお友達に囲まれてありがたい😭


ホントに生きていく上で人間関係を上手に築いて行くことが大事なので、どうにかえいちゃんに伝えて行こうと思います。


幼稚園の先生のお話も理解して、自分なりにその動作をしようとしてちょっと違ったりもあったけど、担任の先生が「耳に腕をつけて手をあげる~」って言ったから耳を引っ張ってるんだね~と、理解しようとしてくれてるようでした(^^)


先生も少しずつえいちゃんに歩み寄ってくれてる感じで嬉しい😊


加配の先生は、えいちゃんの事を理解しようと考えすぎてどうしていいか分からない事があったようなので、療育センターの先生とお話してもらえて良かったです🎵


療育センターの先生とのお話の時に泣くつもりはなかったけど、頑張っているえいちゃんに感動しつつ、練習日に行けてなくて出来てないパラバルーンに挑戦させて貰えない事が心のどこかでモヤモヤ~していた母。


パラバルーンの時だけでも声かけてくれたら連れていくんですけど、する前からムリそうかなーと判断されて出来ないのは何だかモヤモヤ~な事を療育センターの先生に話ししてたら、出来るお友達でも練習がイヤだ幼稚園に行きたくないと涙涙😭のお友達も居るから出来る範囲で参加した方が良いかも~と先生。


何だか子供もお母さんも泣きながら頑張っている話を聞いていたらうるうるしてしまいました(T^T)


最近、ちょっと落ちていた母なのもあってか涙腺が緩くなってたかも…。


話をしていたら、他のお友達が来たので教室までそのお友達を連れて行った先生。

内線が来て「続きは帰りに~」と他の先生に伝えててと何だか中途半端な残念な報告会となりました。


先生、それは違うと思う。


泣いてる保護者を放置して終わりはおかしい。

後から来たお友達を、先生の部屋には他の先生も何人も居たからそっちにお友達をお願いして最後まで対応するのが当たり前だと思いますがーっ💦


何だか残念な気持ちで療育センターを後にしました。


腫れた目でフラに行けないし、lessonはお休みしました(-_-)


時間を置いて、買い出しに行ったらえいちゃんの通う幼稚園の園長先生にバッタリ✨


「お母さーん‼」

と、クルマから声かけてくれました(^^)


「えいちゃん、運動会の練習頑張ってるねー。ちょっと疲れぎみだけど、みんなと楽しんで参加出来るのが増えると良いねぇ😊加配の先生も来てくれるから、お母さんも楽しんでねぇ」

と、ニコニコ笑顔の園長先生😆


何だかもやもやしていたけど、その笑顔で母も吹っ切れました😆💕


ハイ、単純な母です笑笑


たぶん、園長先生と偶然会わなかったらまだモヤモヤしていたかも。


園長先生とお話をするために、そこのお店に足が向いたのかもなーと思いかたでした(*^^*)



夕方、えいちゃんの仲良しのお友達のママからラインが‼


「運動会が連チャンで(土曜日、療育センターの運動会。日曜日、幼稚園なのです笑っ)お弁当作るのもめんどくさいから、午前の部だけ参加するねー」と。


赤ちゃんが居るし大変かもなーと思いつつ、母は全部参加するのが当たり前だと思っていたので、カルチャーショックでした😅


確かにえいちゃん達年中さんの出番は午前中で終わるけど、母の出る保護者競技は午後からあるし、私達は一日楽しむ事にしました\

(^^)/


色んな考えがあるのは当たり前、母も柔軟に対応していきますよー(*^^*)